伊勢志摩サミットを振り返り。

こんにちは。

5月末に行われた伊勢志摩サミット。
いろいろと上がった議題の内、テロ対策についても話が及びました。

サミットでは、テロや暴力的な過激主義の動向について非難声明を出し、対策を取ることで各国の意見が一致しましたが、一ヶ月も経たない内に悲しいニュースが流れました。

そう、アメリカのフロリダ州オーランドで起きた米国史上最悪の銃乱射事件です。被害者数は約50人。場所は同性愛者が集まるナイトクラブ。
射殺された犯人はイスラム過激思想に傾倒しており、同性愛に対する嫌悪感から事件を起こしたのではないかといわれています。また同性愛を犯罪とするイスラム国(IS)と関係があったとも報道されています。

日本は銃規制が厳しいため、銃による犯罪は他国に比べて極めて少ないのが現状ですが、ISが日本人2人を殺害した時、日本に対しても宣戦布告をしたことを忘れてはなりません。銃以外、何らかの形でテロが行われる可能性も否定はできないのです。
それに対して、日本は14.3億円の警察庁予算を確保し(平成28年度現在)、情報収集、防止体制の強化、装備・資材の整備などの国際テロ対策を行い、東京オリンピック・パラリンピックに備えています。

国民の安全を守るため、東京オリンピックに備えて、テロは未然に防がなければならないのです。

どうなの経団連。

こんにちは、最近暖かくなってきました。
どうやら今年は夏が今までで一番暑くなるのではにないかとも言われているみたいです。

またまた街でスーツを着た学生を見かけます。
昨年とはスケジュールが変わり、6月からは経団連に加入している企業も選考をスタートさせたようですね。
大企業を狙う学生にとっては、これからが本番と思われたのですが、
2017年春卒業予定の大学生・大学院生の就職内々定率は6月1日時点で54.9%とこの時期では高いみたいです。
昨年は8月スタートで、面接解禁日の内々定率は67.3%だったようです。
今年は昨年とは違い、夏以降も就活に縛られるという学生は減りそうでこのスケジュールは概ね好評みたいですね。

ですが、近年は学生や企業は経団連の採用スケジュールに振り回されていますね。
特にこのスケジュールを守らなくても罰があるわけではないようなので、経団連に疑問を感じたりしますね。
また、企業が内定を出す代わりに、他社への就活をやめるよう学生に迫る「オワハラ」も問題化していたり、
説明会の開催時期が短期に集中することになったため、十分に企業を吟味することができない学生もいたり、
留学生は通常は帰国が6月以降となるため、就活を諦めたり、
など問題もあるようですね。

経団連の採用指針は、公平、公正、透明さの確保と男女機会均等の実現などを主眼としているようですが、疑問は残りますね!

今は「売り手市場」と言われる就活ですが、今後どうなっていくのでしょうか。
影響力がある団体だけに、安定さを求めたいですね。