年金問題

こんにちは。

長寿国ニッポンにおいて、年金は今や切実な問題です。

働きたくても高齢を理由に雇ってもらえない、体力的にも難しいという高齢者は数多くいます。そのような方達にとって、年金は大切な収入源。
しかし、年金収入は生活保護の基準額よりも低いのが現状で、国民年金は満額でも月6万円程度。どんなに切り詰めても、家賃、光熱費、通信費、食費を年金から捻出するのは、困難なのです。

生活が立ち行かない人達は生活保護を申請します。65歳以上で生活保護を受給している高齢者世帯は約80万戸といわれていますが、受給の条件は厳しいため、審査を通らない世帯も多く、厳しい生活を強いられています。
生活保護の条件は、地域や年齢により違いはあるものの、一般的には自家用車の所有不可、支援できる親族の有無、貯金の有無などで、支給可否の線引きがなされます。
審査から漏れた、世帯収入が生活保護以下の人は2千万人以上とされており、今後その数は増える一方。

生活保護だけではなく、何らかの救済制度ができるよう願います。